注目の成分 ingredients

  • TOP
  • 注目の成分:甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)

天草クラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)Licorice Glabra Polyphenol

米国でも安全性が認められた甘草グラブラポリフェノール。その安全性についてご説明します。

甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)の安全性

サプリメント大国、米国政府にも認められた甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)

■米国FDAによるNDI(新規サプリメント素材)認可

甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)( Kaneka Glavonoid™ )は、米国政府FDA ※1により、DSHEA法(栄養補助食品健康・教育法)のもと、原料の由来、製法、規格、安全性データの厳しい審査を受け、NDI ※2として受理されました 。(2006年6月27日に、甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)に換算して1日最大推奨用量300mgにて受理)

  • ※1 米国食品医薬品局:食品や医薬品等の許認可や監視を行う米国の政府機関。
    RPT 348 Volume 271, 95S-0316.
  • ※2 NDI(New Dietary Ingredient): 新規サプリメント素材

NDI証明書(抜粋)

■米国専門機関によるSelf Affirmed-GRAS認定

甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)( Kaneka Glavonoid™ )は 米国において食品として必須のステータスであるSelf Affirmed-GRASを取得しました。(2008年)

米国Self Affirmed-GRAS証明書(抜粋)

試験結果

ヒト試験

  • ■600mg/dayまでの連続摂取試験(二重盲検、日本人)結果:毒性認めず ※1, 2, 3
  • ■300mg/day連続摂取試験(二重盲検、米国人)結果:毒性認めず ※4

動物試験

  • ■ラット単回投与試験: 20,000mg/kgの経口投与で死亡例なし ※5
  • ■ラット90日間反復投与試験: NOAEL(無毒性量) 約400mg/kg/day ※6
  • ■変異原性試験(Ames試験、小核試験): 全て陰性 ※7
  • ■ラット中期肝発がん性試験: 陰性 ※8

出典

  • ※1 Aoki F, et al.: Journal of the American College of Nutrition. 26(3):209-218, 2007
  • ※2 Tominaga Y, et al.: Journal of Health Science. 52(6):672-683, 2006
  • ※3 Tominaga Y, et al.: Obesity Research & Clinical Practice. 3:169-178, 2009
  • ※4,5 株式会社カネカ 社内データ
  • ※6 Nakagawa K, et al.: Food and Chemical Toxicology. 48:2349-2357, 2008
  • ※7 Nakagawa K, et al.: Food and Chemical Toxicology. 46:2525-2532, 2008
  • ※8 Nakagawa K, et al.: Nutrition Research. 30: 74-81, 2010

ページの先頭へ戻る