生活習慣病図鑑 lifestyle diseases

  • TOP
  • 生活習慣病図鑑:変形性膝関節症

もっと知ろう!変形性膝関節症について

変形性膝関節症とは

女性に多い「変形性膝関節症」。原因は、関節軟骨のすり減り。

60歳以上の女性の約4割が、膝(ひざ)の痛みで悩んでいるといわれています。その原因の多くが「変形性膝関節症」。変形性膝関節症とは、骨と骨のクッションの役割である関節軟骨(コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどで構成)が加齢などですり減ってしまうことが原因。軟骨の修復は困難なので、予防や初期段階でのケアが重要です。発症初期には、階段の昇降や正座で痛みますが、進行すると骨そのものに変形が生じ、痛みが強くなって歩行すら困難になる場合もあります。

関節の模式図

変形性膝関節症の予防と対策

膝の痛みが気になる方へ。変形性膝関節症の予防と対策をご説明します。

減量して関節の負担を減らす

歩くときに膝にかかる負荷は、体重の2〜3倍、階段を下りる時には6〜7倍だといわれ、肥満になるとそれだけ膝への負担が大きくなってしまいます。肥満気味の方は、減量することでも膝痛予防への効果が期待できます。また、水泳や水中ウォーキングは膝への負担が少なく、消費エネルギーも大きく最適です。運動後は、お風呂で膝をしっかり温めるなどし、リラックスしましょう。

安静よりも運動を

「膝が痛いときは安静に」というのが、これまでの常識でした。しかし、実は膝が痛むときこそ、動かすことで改善できる、ということがわかってきました。運動不足などで膝関節を支える筋力が衰えると、さらに膝への負担が大きくなってしまうからです。
まずは、膝への負担が少ない運動を少しずつ続けて足の筋力を鍛え、膝の関節への負担を軽減しましょう。軽い運動を続けることで軟骨細胞が活性化し、痛みの改善も期待できます。
痛みが強くなるようなら運動を中止し、医師にご相談ください。

変形性膝関節症予防に軟骨構成成分のもとになる成分

  • 肌や軟骨の基本成分 N-アセチルグルコサミン

このページをご覧の方にオススメの他の注目の成分

  • エネルギーを生み出し、体を酸化から守る成分 還元型コエンザイムQ10
  • 脂肪減少と基礎代謝アップに働く成分 甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)
  • 中性脂肪を下げる乳酸菌 R037乳酸菌

ページの先頭へ戻る