生活習慣病図鑑 lifestyle diseases

  • TOP
  • 生活習慣病図鑑:脂質異常症(高脂血症)

もっと知ろう!脂質異常症(高脂血症)について

脂質異常症(高脂血症)とは

自覚症状がない「脂質異常症(高脂血症)」。放っておくと、動脈硬化になることも。

脂質異常症とは、血液中の脂質、具体的には「悪玉(LDL)コレステロール」や「中性脂肪」が増えすぎてしまう病気。自覚症状はありませんが放置しておくと、動脈の壁に脂質がたまり、動脈硬化へと進行することも。その結果、心筋梗塞や脳梗塞などの発症リスクが高まります。同じコレステロールでも「善玉(HDL)コレステロール」は、血管に付着したコレステロールを回収する役割を持つため、低いと悪玉(LDL)コレステロールが増えやすくなります。

脂質異常症:スクリーニングのための診断基準(空腹時採血)

脂質異常症(高脂血症)の予防と対策

脂質異常症(高脂血症)の予防と対策のために、実践したいポイントをご説明します。

まずは、食事をコントロール!

脂質異常症の大きな原因のひとつが、食事。過食、高脂肪食を続けていると、発症しやすい病気です。
一日に摂取するエネルギー量を適正に、摂取する炭水化物、たんぱく質、脂肪のバランスを適正なものに改善しましょう。脂肪は、動物性脂肪よりも植物油や魚油から摂取しましょう。また、栄養バランスを考え、ビタミンやミネラル、食物繊維をしっかり摂取しましょう。

LDL-コレステロールが高めの方
コレステロールの高い食品(卵、レバー、脂の多い肉等)は控えましょう。
チョコレートやポテトチップスもコレステロールをあげます。摂取は可能な限り控えましょう。
中性脂肪が高めの方
アルコールの摂取は控えましょう。
糖質の摂取に注意しましょう。
ごはんの量を少なめに、お菓子や清涼飲料水の摂取は可能な限り控えましょう。

運動で、善玉コレステロールを増やす!

食事のコントロールと同様、脂質異常症の予防に効果的なのは運動です。軽い運動を続けるだけで、下記の3つのメリットがあります。ウォーキングやサイクリングなど、自分にあった有酸素運動を選んで、続けることが大切です。

  1. 1)エネルギーを消費し、脂肪分の蓄積を防ぐ。
  2. 2)血行を促し、血管の弾力を良くする。
  3. 3)善玉コレステロールが増える。

禁煙しよう

喫煙すると、中性脂肪の原料(遊離脂肪酸)が増え、善玉のコレステロール(HDL)が低くなることも知られています。さらに、血液中のコレステロールが酸化するため、動脈硬化が進行することもわかっています。心臓への負担も大きく、心筋梗塞などのリスクを高めるので、禁煙しましょう。

脂質異常症予防に中性脂肪をコントロールする成分

  • 中性脂肪を下げる乳酸菌 R037乳酸菌

このページをご覧の方にオススメの他の注目の成分

  • エネルギーを生み出し、体を酸化から守る成分 還元型コエンザイムQ10
  • 脂肪減少と基礎代謝アップに働く成分 甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)
  • 余分な脂肪を熱に変換 フコキサンチン

ページの先頭へ戻る