生活習慣病図鑑 lifestyle diseases

  • TOP
  • 生活習慣病図鑑:免疫力

もっと知ろう!免疫力について

免疫力とは

免疫力とは病気から体を守る力

免疫力とは文字通り、病気から免(まぬが)れる力のこと。病原菌などが体内に入っても、この免疫力が高ければ発症に至りません。また、発症した場合でも、免疫細胞が病原菌と闘い体を守ってくれます。免疫力を向上させることは、より元気な体を維持することにつながるのです。

年齢とともに低下する免疫力

体にとって大切な免疫力ですが、20歳前後をピークに年齢とともに衰え低下していきます。さらに偏った食生活や運動不足などの生活習慣やストレスなどによっても下がってしまいます。

低下すると病気を招くことに

免疫力が低下すると、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。また、歯周病や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病、さらにはガンなど命を脅かす病気を招くことにもなります。

免疫力をアップし、維持するために

免疫力の向上に役立つ情報をご紹介します。

運動は継続的に

免疫力を高めるためには、適度な運動が効果的です。運動を行うことで免疫細胞が活発に働くようになるからです。ウォーキングなど軽い有酸素運動が効果的。無理なく楽しみながら、毎日行いましょう。

笑ってストレスをためない

笑うことは自律神経を刺激し、免疫細胞を活性化します。また、ストレスと免疫は密接に関係しており、ストレスを受けると体内では防御反応としてホルモンが分泌されます。しかし過剰に分泌されると免疫力を低下させるといわれています。楽観的になるのも免疫力維持には重要です。

体を温める、良い睡眠をとる

「冷えは万病のもと」といわれるくらい、体温が下がると免疫力が低下します。一日の終わりにはぬるめのお風呂で体をほぐし、温かくリラックスした気分になると免疫力はぐんと高まります。また良質な睡眠も大事です。免疫力アップのために、できるだけ午前0時までに就寝しましょう。

腸内環境を整える

腸には免疫細胞の約6割が存在しています。免疫力をアップさせるためには、健康な腸でいることが重要。納豆やヨーグルトなどの発酵食品を積極的に食べ、サプリメントなども活用して、腸内環境を整えましょう。

免疫力アップに免疫細胞の働きを助ける成分

  • エネルギーを生み出し、体を酸化から守る成分 還元型コエンザイムQ10
  • 胃腸の調子を整え、免疫力を上げる乳酸菌 乳酸菌ラブレ菌

このページをご覧の方にオススメの他の注目の成分

  • 中性脂肪を下げる乳酸菌 R037乳酸菌
  • 血糖値を下げる乳酸菌 LAB4乳酸菌
  • 脂肪減少と基礎代謝アップに働く成分 甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)

ページの先頭へ戻る