生活習慣病図鑑 lifestyle diseases

  • TOP
  • 生活習慣病図鑑:肥満

もっと知ろう!肥満について

肥満とは

肥満の判断基準

医学的に「肥満」を判断するのは、体重ではなく「脂肪の多さ」。体重が重くても、筋肉が多い人は、肥満ではありません。肥満を測定する基準として一般的に用いられているのが、BMIの計算式と、腹囲の測定。健康診断でウエストを測られた方も多いのではないでしょうか。腹囲で内臓脂肪量がだいたい分かります。内臓脂肪が増えると、高血圧や糖尿病になりやすくなるため注意が必要です。

「内臓脂肪型肥満」となる腹囲の数値 男性85cm以上 女性90cm以上

BMIで標準体重をチェック

BMIとは、身長と体重から計算される肥満指数です。簡単に肥満の判定が行えますので、チェックしてみましょう。
また、一緒に自分の標準体重も知っておきましょう。

  • BMIの計算方法 BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) BMIの基準数値 18.5未満 低体重 18.5以上25未満 標準体重 25以上 肥満 <日本肥満学会 2000>
  • 標準体重の計算方法 標準体重=身長(m)×身長(m)×22<BMI基準値> 例)身長160cmの方なら1.6(m)×1.6(m)×22=56.32kg

生活習慣病も引き起こす肥満

肥満が恐ろしいのは、生活習慣病の要因だということ。日本人の死因第2位の心疾患、第3位の脳血管疾患。どちらも動脈硬化や高血圧、脂質異常症が危険因子ですが、そのすべてに肥満が関わっています。
そのほか、急激に患者数が増えている糖尿病、高尿酸血症や痛風などの疾患や、腰痛、関節痛、睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな疾病を引き起こします。

肥満の予防と対策

肥満の予防やウエイトコントロールに有効な情報をご紹介します。

食生活を見直す

肥満の主な原因はエネルギーの過剰摂取です。まずは食べ過ぎないために、食べたものを記録してみましょう。カロリーや栄養のバランスもチェックでき、食べ過ぎを防ぐことができます。サプリメントの活用も有効です。

基礎代謝をアップ

基礎代謝をアップさせることも、減量に効果的。基礎代謝をあげるのに必要なのが筋肉です。筋肉をつける運動を、暮らしにプラスしましょう。膝を立てたままの腹筋運動や踏み台昇降など、少しずつ続けてみましょう。

こまめに体を動かす=減量の近道

肥満を解消するには、エネルギーの消費量を増やすことも大切。日々の暮らしの中で、こまめに体を動かす習慣をつけましょう。

  • 電車・バスは、1駅手前で降りて歩く距離を伸ばす
  • 2~3階の移動ならエレベーターやエスカレーターは使わず階段で
  • 近距離の買い物なら歩いて
  • 家事は一度にまとめずに、毎日こまめに

肥満予防に脂肪を減らす効果のある成分

  • 脂肪減少と基礎代謝アップに働く成分 甘草グラブラポリフェノール(グラブリジン含有 甘草抽出物)
  • 中性脂肪を下げる乳酸菌 R037乳酸菌

このページをご覧の方にオススメの他の注目の成分

  • エネルギーを生み出し、体を酸化から守る成分 還元型コエンザイムQ10
  • 持続的に血糖値を抑える成分 小豆酵素分解物(小豆ペプチド含有)
  • 血糖値を下げる乳酸菌 LAB4乳酸菌

ページの先頭へ戻る