内臓脂肪と筋肉にWの効果
甘草グラブラポリフェノール(1)

脂肪を分解し、筋肉を増やす、基礎代謝のアップに働く成分です。
甘草グラブラポリフェノールの機能についてご説明します。

4千年以上も昔から食物として利用されてきた「甘草(カンゾウ)」。リコリスとも呼ばれ、欧米ではお菓子にもよく使用されています。甘草のグラブラ種から抽出した成分が「甘草グラブラポリフェノール」(※1)

参考文献 ※1 Shibata S Yakugaku Zasshi,120,849-862(2000)

甘草グラブラポリフェノールの
効果メカニズム

「甘草グラブラポリフェノール」の大きな特長は、「筋肉を増やす」「脂肪を分解する」ふたつの効果を持つこと。脂肪を燃やし、つきにくくして脂肪を減少させ、さらに筋肉を増やすことで基礎代謝があがるため、効果的にウエイトコントロールができます。

甘草グラブラポリフェノールの大きな特長甘草グラブラポリフェノールの大きな特長
  1. 1「脂肪分解」「脂肪合成抑制」
    ユニークなWのメカニズム

    これまで、体脂肪をケアする成分は「脂肪を分解する」、または「脂肪の合成を抑える」の、どちらか1つの作用をもつものが大半でした。「甘草グラブラポリフェノール」は、脂肪に対する効果も、「分解」「合成抑制」の2つを併せ持つ、めずらしい成分です。

    〈遺伝子レベル〉〈遺伝子レベル〉
  2. 2筋肉量を増やす

    甘草グラブラポリフェノール摂取により大腿前部、上腕前部、腹部の筋肉量が有意に増加しました。

    大腿前部の筋肉量
    大腿前部の筋肉量大腿前部の筋肉量
    上腕前部の筋肉量
    上腕前部の筋肉量上腕前部の筋肉量
    腹部の筋肉量
    腹部の筋肉量腹部の筋肉量
    実験内容
    被験者
    大学アメフト選手男性31名
    実験方法
    ランダム化プラセボ対照比較試験
    甘草グラブラポリフェノール(300mg)又はプラセボを合宿中にトレーニングと併用して2ヶ月摂取させ、筋肉厚などの変化を測定しました。

    Myojin et al. NUTRAfoods,15:263-270, (2016)

    甘草グラブラポリフェノール摂取により
    体脂肪が有意に低下しました。

    甘草グラブラポリフェノールを、56日間(8週間)摂取した群のいずれにおいても、内臓脂肪を含む体脂肪量、BMI値、LDLコレステロール値が、有意に低下しました。

    実験内容
    被験者
    約80名の国内軽度肥満者(BMI:24-30)
    実験方法
    プラセボコントロール2重盲検試験
    甘草グラブラポリフェノールを1日当たり摂取する量で3群に分け、 8週間摂取し効果を検証しました。
     グループ①: 100mg
     グループ②: 200mg
     グループ③: 300mg
    体重、BMI値、LDLコレステロール値に加え、CTスキャン並びにDXAスキャンにて内臓脂肪を含む体脂肪量測定しました。

    Tominaga Y, et al. Obesity Research & Clinical Practice, 2009

研究員からのひとこと

「脂肪分解」+「筋肉増加」のダブルの働きをもつのは
「甘草グラブラポリフェノール」!
医薬品開発の技術と手法を駆使し、10年かけて開発しました。開発メンバー全員、とにかく品質と安全性にこだわりました。
100種類以上のハーブのスクリーニングから始め、納得いくデータがでて初めて次のステップに進む。そこに労力と費用をかけました。
そして、ようやく「価値ある機能があること」と、「安全であること」を両立する、納得のサプリメント成分の開発にこぎつけました。 

博士(農学)中川 格