【腸活BOOK vol.1-1】

腸の基礎・知識編(1)

腸の基礎・知識編(1)

実は食べ物の消化・吸収だけじゃない!
腸は免疫・神経にとって大切な器官。

【POINT-1】
腸は実質体の外側。免疫細胞が外敵と闘う最前線

食べ物を消化・吸収することで知られる腸。しかし、働きはそれだけではありません。ウイルスや細菌が体内に侵入すると、腸の免疫細胞が察知し、抗菌物質を分泌して撃退。腸には全身の免疫細胞の約6割が集まっており、強力な免疫器官でもあるのです。この免疫細胞は腸内細菌によって活性化するため、腸活が注目されています。
【POINT-1】腸は実質体の外側。免疫細胞が外敵と闘う最前線

免疫力を維持する善玉菌があるのもこのため

善玉菌にはさまざまな種類がありますが、単に整腸だけでなく、免疫力を維持する効能があるのは、腸に届いてその免疫細胞の働きを助けたりするため。健やかな毎日に欠かせない菌と言われています。
免疫力を維持する善玉菌があるのもこのため

【POINT-2】
第二の脳と言われるほど神経が集中し、脳やストレスとも密接に関係

自ら動きをコントロールして、24時間休むことなく働き続ける腸。約1億個もの神経細胞があり、「第二の脳」と呼ばれています。腸と脳は、迷走神経(副交感神経)でつながっており、互いに影響しあう「脳腸相関」の関係にあります。ストレスを感じると、その情報が伝わり、腸の働きに異常が起こることもあるのです。
【POINT-2】第二の脳と言われるほど神経が集中し、脳やストレスとも密接に関係

旅行中の便秘も脳腸相関のせい

旅行に行った時に、便秘になりがちではありませんか?これは慣れない環境によるストレスが脳から腸に伝わり、腸の働きが抑えられてしまうから。大事なプレゼンの前に下痢をしてしまうのも同じメカニズムです。
旅行中の便秘も脳腸相関のせい