【腸活BOOK vol.3-1】

運動とエクササイズ編(1)

運動とエクササイズ編(1)

腸にとってプラスになる運動、それは… お腹周りの筋肉強化腸のねじれ解消

今回紹介する運動は、排便を促し便秘などを予防する、お腹周りの筋肉を鍛える運動。そして、お腹にガスがたまらないように腸をねじれさせず、正しい位置に戻してあげる運動をご紹介。簡単にできて、腸活にもなるエクササイズをご紹介します!
腸にとってプラスになる運動、それは… お腹周りの筋肉強化と腸のねじれ解消

【お腹周りの筋肉強化】
排便力をあげる「骨盤底筋群」を鍛えよう

骨盤底筋群は、膀胱や直腸など骨盤内の内臓を支え、排泄をコントロールする筋肉。椅子に座った時に座面にあたるお尻の出っ張った骨(座骨結節)の間に位置します。加齢などによりこの筋肉が衰えると、便を押し出す力が弱まり、便秘になってしまうことも。トレーニングで鍛えることが可能で、排便力のアップはもちろん、多くの方が悩む尿もれや頻尿の改善にも効果があります。
【お腹周りの筋肉強化】 排便力をあげる「骨盤底筋群」を鍛えよう

【腸のねじれの解消】
腸を正しい位置に戻し、ガスや便の流れをよくしよう

腹痛などお腹に不快感のある便秘は、腸のねじれが原因の可能性があります。腸は、くぼみや出っ張り、高低差のある立体構造。その一部がねじれると、ガスや便が通りにくくなってしまうのです。特にねじれやすいのは「横行結腸と下行結腸のつなぎ目」「下行結腸」「S状結腸」の3カ所。ひねり運動で腸のねじれを補正することで、ガスや便がスムーズに出て便秘の解消につながります。
【腸のねじれの解消】 腸を正しい位置に戻し、ガスや便の流れをよくしよう

今回はお腹周りの筋肉強化、腸のねじれを解消する運動を実践しましょう。

【1】骨盤底筋群トレーニング

【1】骨盤底筋群トレーニング

【2】腸のねじれ解消体操

【2】腸のねじれ解消体操

次回は腸を活性化させるマッサージもご紹介します。